2018年8月1日水曜日

FSCH海外実弾射撃訓練 開催中止のお知らせ

2018年10月5日から10月7日に開催(10月4日~8日渡航)を予定しておりました《第7回 FSCH海外実弾射撃訓練》は、現地提携射場および担当スタッフ・インストラクターの都合がどうしてもつかず、残念ながら今回の開催は見送らせていただくことになりました。

参加を予定されていらっしゃった方々には大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解の程、よろしくお願い致します。

なお、次回開催日程はまだ決まっておりませんが、2019年の訓練スケジュールが確定次第、本ブログにてご案内申し上げます。

よろしくお願い致します。


AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)
日本事務局 FSCH訓練係
IBA(国際ボディーガード協会)
日本支部 訓練係





2018年6月27日水曜日

国際ボディーガード訓練 変更のお知らせ

AISP/IBA国際ボディーガード訓練 9月期・11月期訓練 合同開催のお知らせ

2018年7月1日募集開始,9月15日~24日開催予定となっておりました
《2018年9月期 AISP/IBA国際ボディーガード訓練》は、来日する海外要人の
警護業務実務の依頼が急増している関係で、9月の開催を取りやめ、代わりに
11月16日~25日で開催予定の《2018年11月期訓練》と合同開催することに
致しました。

《2018年11月期 AISP/IBA国際ボディーガード訓練》
開催日程:2018年11月16日(金)~25日(日) 10日間
開催場所:東京都
募集定員:8名
募集開始:2018年9月1日
募集締切:2018年10月20日または定員に達し次第締切

9月1日になりましたら、《11月期訓練》の募集案内を本ブログにて
告知いたします。


AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)日本事務局
IBA(国際ボディーガード協会)日本支部

2018年4月1日日曜日

FSCH海外実弾射撃訓練 (2018年7月)

【4月1日】 本訓練への参加募集を開始いたしました

■ 第6回 FSCH海外実弾射撃訓練(2018年7月) ■

AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)(*1) 及びIBA(国際ボディーガード協会)(*2) では、
セキュリティ業務,ミリタリー業務,法執行業務などで活用できる、実践的な銃器・
射撃術の教育訓練を、海外の射場(射撃訓練場)と提携し、実銃・実弾にて実施して
おります。


☆ FSCH海外実弾射撃訓練の特徴 ☆

【実践的な銃器訓練】

《FSCH海外実弾射撃訓練》では、ハンドガン(拳銃)及びアサルトライフル(小銃)を
中心に、銃器取扱い(セーフティ)や基礎射撃,応用射撃など、3日間の訓練期間中、
朝から晩まで実銃や実弾に触れて徹底的に訓練を行います。
せっかく海外まで渡航して行う訓練ですので、参加される皆さまの技術が向上するよう、
3日間、ひたすら銃器の教育と射撃の訓練を行います。
本訓練は、サバイバルゲーム等、遊び(レジャー)のための訓練ではございません。
実弾と実銃を使った、実践的(実戦的)な銃器・射撃訓練となりますので予めご注意
ください。


【最高の訓練環境・安心して参加できる訓練】

実弾射撃訓練は、実施する国や地域の法律などで様々な規制があり、思い通りの訓練を
実施できないことが多々あります。
AISP及びIBAでは、世界中にあるネットワークを活用し、様々な国と地域で実弾射撃
訓練を実施し、最も充実した訓練が実施できる射場,最も格安で実施できる場所,
日本から渡航しやすい国,日本人が参加しやすい地域、などの様々な条件を満たした、
現在の提携射場を見つけ出しました。

また、日本人訓練生が苦労する、海外での「言葉」の問題につきましても、余計な不安を
取り除き、本来の射撃訓練に集中していただくため、日本語での指導を実施しています。
日本出発時から日本人の引率がございますので、初めての海外渡航や初めての射撃訓練,
外国語が全くできなくても、安心してご参加いただけます。


【安全管理の徹底・丁寧な訓練指導】

本訓練は、実弾射撃が初めての方,銃器に関する知識や経験が全くない方もご参加
いただけます(*3)
本訓練では、実銃と実弾を使用いたしますので、事故などが起きないよう、基礎から
しっかりと指導いたします。
必要な時は厳しく指導することもございますが、これは皆さまの安全を確保するため
のものです。
初めての方にはわかりやすく一から丁寧に、また、射撃経験のある方や、日頃から
業務等で銃器を取り扱っている方々には、より高度な技術を習得していただけるよう、
個人個人に合った内容と指導方法で訓練を進めて参ります。


【国際認定の取得】

本訓練修了者には、AISPの英国本部発行の《訓練修了証》が授与されます。
また、既にIBAの国際ボディーガードメンバーになられていらっしゃる方は、本訓練を
通してIBAの本部認定を取得することが可能です。(別途本部認定料が必要となります)


(*1) AISP: Association of International Security Professionals (国際セキュリティプロフェッショナル協会) 
英国に本部を置くプロテクティブ・セキュリティ(警備・警護)の国際組織。
(*2) IBA: International Bodyguard Association (国際ボディーガード協会)
英国に本部を置く、世界最大の身辺警護・要人警護組織。
(*3) 本訓練は、訓練内容の特殊性などから、犯罪歴,精神科等通院歴,反社会組織等の所属歴のある方は
参加することができません。訓練参加にあたり、公的書類や履歴書等の提出があり、事前の審査がございます。


【第6回 FSCH海外実弾射撃訓練 概要】

訓練日程: 2018年7月12日(木)~14日(土) 3日間
渡航日程: 2018年7月11日(水)~15日(日) 5日間
訓練場所 Angels-City, Pampanga, Philippines
参加定員: 8名(先着申込順)
参加費用: 375,000円
 ・訓練費,渡航費,宿泊費,朝食代,現地交通費,銃器レンタル,弾代を含みます。
 ・現地での昼食・夕食代は含まれておりません。

 ・AISP/IBA/DKTメンバーの方,リピーター参加の方は別途割引価格が設定されております。
 ・お支払方法は銀行振込のみとなります。
 ・海外訓練であるためお支払回数は「一括払い」のみとなります。
 ・海外訓練であるため消費税はかかりません。
 ・訓練費は航空券手配の関係上、5月31日までにお支払いいただく必要がございます。
募集締切: 5月10日 または定員に達し次第締め切らせていただきます

使用銃器:M4(アサルトライフル),Glock17/1911(ハンドガン),ショットガン,MP5(SMG)
使用弾数:ライフル・ハンドガン各300発以上(経験者等は弾数を追加することが可能です)
訓練目的:基礎的な銃器の取り扱い、及び射撃術について訓練し、銃器を使用した任務,
     または、より高度な訓練に対応するための基礎を確立する。
訓練内容:下記参照

銃器概論
 ・マインドセット(心構え)
 ・銃器と弾薬の構造
 ・銃のタイプ(ライフル,ハンドガン,ショットガン,サブマシンガン等)
 ・セーフティールール
 ・エクイップメントセットアップ ほか

射撃術
 ・銃器の安全化
 ・グリップ,照準
 ・各種射撃姿勢
 ・トリガーコントロール
 ・ストッページクリアリング
 ・リコイルマネジメント
 ・再装填
 ・武器交換
 ・射撃と運動 ほか

ドリル
 ・移動間射撃
 ・識別射撃
 ・複数目標射撃
 ・その他応用射撃 ほか

*上記訓練内容は、訓練生の理解度・修練度合いに合わせて変更となる場合がございます。
 予めご了承くださいませ。

合格基準:下記の各項目をクリアされた方にはAISP英国本部発行の訓練修了証が授与されます
(1) 他者の補助なく銃器を安全に取り扱える程度の技能を習得
(2) 銃器の取り扱いに関する基礎的な知識を習得
(3) 基礎的な射撃術を概ね習得


【訓練お申し込み】
本訓練はインターネット上からお申し込みいただけます。
下記、AISP JAPANの【訓練お申し込みフォーム】からお申し込みくださいませ。

参加希望訓練名は《FSCH海外実弾射撃訓練》をお選びください。
※海外訓練であるため、訓練費のお支払回数は「一括払い」のみとなります。
※本訓練参加には、事前に書類及び身元調査等の審査がございます。
 身元がはっきりしない方,過去に禁固刑以上の犯罪歴のある方,反社会組織等への所属歴のある方,
 その他本訓練参加に適さないと判断された方は参加することができません。


■ 訓練お申込みフォーム 

【訓練参加お申込みフォーム】が利用できない場合は、下記
お問い合わせ先メールアドレスまで、メールにてご連絡くださいませ。


本訓練に関するお問い合わせは
AISP日本事務局訓練係までメールでお願いします

training [AT] aisp.cc
(ATは@に置き換えてください)




過去の訓練風景














【 AISPメールマガジン 】
訓練等のご案内はメールでも無料配信しております。ご登録は下記のメールマガジン登録ページでどうぞ。
[ AISPメールマガジン 登録・解除ページ ]

2018年3月1日木曜日

2018年5月期 国際ボディーガード訓練

【3月1日】 本訓練の募集を開始いたしました


《2018年5月期 AISP/IBA 国際ボディーガード訓練》

身辺警護・要人警護のプロフェッショナルを目指す方のための国際教育訓練


日本国内で唯一、国際ボディーガードの認定資格が取得できる専門教育訓練
AISP/IBA 国際ボディーガード訓練
5月のゴールデンウィークに開催される《5月期生》の募集を開始いたしました。

《AISP/IBA国際ボディーガード訓練》は、ボディーガードを目指されている方,
セキュリティのプロを目指されている方,現在ボディーガードとして働かれている
方々のために作り上げられた、国際基準の身辺警護・要人警護専門教育訓練
プログラムです。

本訓練は、英国に本部を置く、AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)
IBA(国際ボディーガード協会)が日本国内で合同開催する、プロテクティブ・
セキュリティ(身辺警護・要人警護)の国際基準のボディーガード養成訓練です。

世界約100カ国で活動する両組織には、様々な地域・環境・状況下での警護経験が
豊富で、一般民間警護から著名人警護,VIP警護,公的機関警護,PSD(紛争地域等
での高脅威下警護)業務に至るまで、様々な警護業務に応用できる警護スキルを
指導・訓練しております。

本訓練では、両組織から認定された日本人インストラクターが、日本語にて丁寧に
指導いたしますので、英語がわからない方,警護やセキュリティに関する知識や
経験のない方でも、安心してご参加いただくことができます。

本訓練をレベル2訓練まで修了され、規定の成績を修められた方には、AISP英国
本部より、訓練修了証が授与されます。
また希望者は、IBAの国際認定を取得することもでき、国際ボディーガードと
しての証である認定バッジの所持や、世界最大のボディーガード組織【IBA】の
国際エージェントとして登録することも可能です。(下記写真参照)

また、さらに上の資格である、CIBG(国際ボディーガードライセンス)を取得するための
サポートや、ボディーガードとして働くための就職支援なども行っております。
(本訓練には、優秀な人材をスカウトするため、警備会社等からの査察もございます。)


【訓練概要】

1) 訓練名称
 2018年5月期 AISP/IBA 国際ボディーガード訓練

2) 訓練日程
・レベル1訓練(5日間) 2018年4月27(金) ~ 5月1日(火)
・レベル2訓練(5日間) 2018年5月2日(水) ~ 5月6日(日)
※認定資格等の取得にはレベル2まで受講していただく必要がございます

3) 訓練場所
 東京都

4) 参加定員
 8名 (先着本申込み完了順・最低実施人数5名)

5) 訓練費用
・レベル1訓練 … 135,000円(税込)
・レベル1+2訓練セット … 270,000円(税込)
 ※分割払いもございます(45,000円×3回または6回)

6) 支払方法
 銀行振込・クレジットカード (Visa/Master/Amex/JCB/Diners/Discover)
 ※クレジットカード払いは一括のみ。分割払いご希望の方は銀行振込をご利用ください。

7) 募集開始日
 2018年3月1日(木)

8) 募集締切日
 4月10日または定員に達し次第締め切り
 

9) 訓練内容
 下記【国際ボディーガード訓練プログラム】をご参照ください

 国際ボディーガード訓練プログラム
 http://bit.ly/1bor2Kl


※本訓練のお申込み手順や参加条件などの詳細は、下記
 【AISP/IBA国際ボディーガード教育訓練】案内ページをご参照ください

 AISP/IBA国際ボディーガード教育訓練
 http://bit.ly/1FHnkXj


※訓練を受講された方々の生の声をまとめて紹介!

 訓練受講者アンケート集計結果
 http://bit.ly/1PgziQ4


※訓練に関するよくあるご質問をまとめてあります!

 訓練FAQ(よくあるご質問)
 http://bit.ly/1QWff9m


10) お申し込み方法
 下記 【訓練お申込みフォーム】 よりお申し込みください。
 おって担当者からご連絡させていただきます。


■ 訓練お申込みフォーム 

【訓練参加お申込みフォーム】が利用できない場合は、下記のメールアドレスまでご連絡くださいませ。


本訓練に関するお問い合わせはAISP日本事務局までメールでお願い致します
training [AT] aisp.cc
(ATは@に置き換えてください)



【ご注意】
最近、携帯電話のメールアドレスを利用してお申し込み・お問い合わせいただいた方に、
こちらからの返信メールが届かないことが多くなっているようでございます。
携帯電話のメールアドレス(@docomo.ne.jp/@softbank.ne.jp/@i.softbank.jp/ezweb.ne.jp)を
ご利用の方は、ドメイン @aisp.cc からのメールが届くように受信設定をお願い致します。



本訓練を通して取得できる《IBA国際ボディーガード認定バッジ》


《CIBG国際ボディーガードライセンスバッジ》



訓練風景






【 AISPメールマガジン 】
訓練等のご案内はメールでも無料配信しております。ご登録は下記のメールマガジン登録ページでどうぞ。
[ AISPメールマガジン 登録・解除ページ ]

2017年12月1日金曜日

2018年2月期 国際ボディーガード訓練

【1月22日】 本訓練の募集を終了いたしました

次回(5月期訓練)は3月1日募集開始予定です


《2018年2月期 AISP/IBA 国際ボディーガード訓練》

身辺警護・要人警護のプロフェッショナルを目指す方のための国際教育訓練


日本国内で唯一、国際ボディーガードの認定資格が取得できる専門教育訓練
AISP/IBA 国際ボディーガード訓練
2018年最初の訓練となる《2月期生》の募集を開始いたしました。

《AISP/IBA国際ボディーガード訓練》は、ボディーガードを目指されている方,
セキュリティのプロを目指されている方,現在ボディーガードとして働かれている
方々のために作り上げられた、国際基準の身辺警護・要人警護専門教育訓練
プログラムです。

本訓練は、英国に本部を置く、AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)
IBA(国際ボディーガード協会)が日本国内で合同開催する、プロテクティブ・
セキュリティ(身辺警護・要人警護)の国際基準のボディーガード養成訓練です。

世界約100カ国で活動する両組織には、様々な地域・環境・状況下での警護経験が
豊富で、一般民間警護から著名人警護,VIP警護,公的機関警護,PSD(紛争地域等
での高脅威下警護)業務に至るまで、様々な警護業務に応用できる警護スキルを
指導・訓練しております。

本訓練では、両組織から認定された日本人インストラクターが、日本語にて丁寧に
指導いたしますので、英語がわからない方,警護やセキュリティに関する知識や
経験のない方でも、安心してご参加いただくことができます。

本訓練をレベル2訓練まで修了され、規定の成績を修められた方には、AISP英国
本部より、訓練修了証が授与されます。
また希望者は、IBAの国際認定を取得することもでき、国際ボディーガードと
しての証である認定バッジの所持や、世界最大のボディーガード組織【IBA】の
国際エージェントとして登録することも可能です。(下記写真参照)

また、さらに上の資格である、CIBG(国際ボディーガードライセンス)を取得するための
サポートやボディーガードとして働くための就職支援なども行っております。
(本訓練には、優秀な人材をスカウトするため、警備会社等からの査察もございます。)


【訓練概要】

1) 訓練名称
 2018年2月期 AISP/IBA 国際ボディーガード訓練

2) 訓練日程
・レベル1訓練(5日間) 2018年2月9(金) ~13日(火)
・レベル2訓練(5日間) 2018年2月14日(水) ~18日(日)
※認定資格等の取得にはレベル2まで受講していただく必要がございます

3) 訓練場所
 東京都

4) 参加定員
 8名 (先着本申込み完了順・最低実施人数5名)

5) 訓練費用
・レベル1訓練 … 135,000円(税込)
・レベル1+2訓練セット … 270,000円(税込)
 ※分割払いもございます(45,000円×3回または6回)

6) 支払方法
 銀行振込・クレジットカード (Visa/Master/Amex/JCB/Diners/Discover)
 ※クレジットカード払いは一括のみ。分割払いご希望の方は銀行振込をご利用ください。

7) 募集開始日
 2017年12月1日(金)

8) 募集締切日
 本訓練の募集は締め切らせていただきました
 次回《5月期訓練》は、4月27日~5月6日開催。
 3月1日より募集開始予定です。

 

9) 訓練内容
 下記【国際ボディーガード訓練プログラム】をご参照ください

 国際ボディーガード訓練プログラム
 http://bit.ly/1bor2Kl


※本訓練のお申込み手順や参加条件などの詳細は、下記
 【AISP/IBA国際ボディーガード教育訓練】案内ページをご参照ください

 AISP/IBA国際ボディーガード教育訓練
 http://bit.ly/1FHnkXj


※訓練を受講された方々の生の声をまとめて紹介!

 訓練受講者アンケート集計結果
 http://bit.ly/1PgziQ4


※訓練に関するよくあるご質問をまとめてあります!

 訓練FAQ(よくあるご質問)
 http://bit.ly/1QWff9m


10) お申し込み方法
 下記 【訓練お申込みフォーム】 よりお申し込みください。
 おって担当者からご連絡させていただきます。




■ 訓練お申込みフォーム 

【訓練参加お申込みフォーム】が利用できない場合は、下記のメールアドレスまでご連絡くださいませ。


本訓練に関するお問い合わせはAISP日本事務局までメールでお願い致します
training [AT] aisp.cc
(ATは@に置き換えてください)



【ご注意】
最近、携帯電話のメールアドレスを利用してお申し込み・お問い合わせいただいた方に、
こちらからの返信メールが届かないことが多くなっているようでございます。
携帯電話のメールアドレス(@docomo.ne.jp/@softbank.ne.jp/@i.softbank.jp/ezweb.ne.jp)を
ご利用の方は、ドメイン @aisp.cc からのメールが届くように受信設定をお願い致します。



本訓練を通して取得できる《IBA国際ボディーガード認定バッジ》


《CIBG国際ボディーガードライセンスバッジ》



訓練風景








【 AISPメールマガジン 】
訓練等のご案内はメールでも無料配信しております。ご登録は下記のメールマガジン登録ページでどうぞ。
[ AISPメールマガジン 登録・解除ページ ]

2017年9月1日金曜日

2017年11月期 国際ボディーガード訓練

【10月15日】 本訓練の募集を締め切らせていただきました


《2017年11月期 AISP/IBA 国際ボディーガード訓練》

身辺警護・要人警護のプロフェッショナルを目指す方のための国際教育訓練



日本国内で唯一、国際ボディーガードの認定資格が取得できる専門教育訓練
AISP/IBA 国際ボディーガード訓練
2017年最後の訓練となる《11月期生》の募集が始まりました!

《AISP/IBA国際ボディーガード訓練》は、ボディーガードを目指されている方,
セキュリティのプロを目指されている方,現在ボディーガードとして働かれている
方々のために作り上げられた、国際基準の身辺警護・要人警護専門教育訓練
プログラムです。

本訓練は、英国に本部を置く、AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)
IBA(国際ボディーガード協会)が日本国内で合同開催する、プロテクティブ・
セキュリティ(身辺警護・要人警護)の国際基準のボディーガード養成訓練です。

世界約100カ国で活動する両組織には、様々な地域・環境・状況下での警護経験が
豊富で、一般民間警護から著名人警護,VIP警護,公的機関警護,PSD(紛争地域等
での高脅威下警護)業務に至るまで、様々な警護業務に応用できる警護スキルを
指導・訓練しております。

本訓練では、両組織から認定された日本人インストラクターが、日本語にて丁寧に
指導いたしますので、英語がわからない方,警護やセキュリティに関する知識や
経験のない方でも、安心してご参加いただくことができます。

本訓練をレベル2訓練まで修了され、規定の成績を修められた方には、AISP英国
本部より、訓練修了証が授与されます。
また希望者は、IBAの国際認定を取得することもでき、国際ボディーガードと
しての証である認定バッジの所持や、世界最大のボディーガード組織【IBA】の
国際エージェントとして登録することも可能です。(下記写真参照)

また、さらに上の資格である、CIBG(国際ボディーガードライセンス)を取得するための
サポートやボディーガードとして働くための就職支援なども行っております。
(本訓練には、優秀な人材をスカウトするため、警備会社等からの査察もございます。)


【訓練概要】

1) 訓練名称
 2017年11月期 AISP/IBA 国際ボディーガード訓練

2) 訓練日程
・レベル1訓練(5日間) 2017年11月17(金) ~21日(火)
・レベル2訓練(5日間) 2017年11月22日(水) ~26日(日)
※認定資格等の取得にはレベル2まで受講していただく必要がございます

3) 訓練場所
 東京都

4) 参加定員
 8名 (先着本申込み完了順・最低実施人数5名)

5) 訓練費用
・レベル1訓練 … 135,000円(税込)
・レベル1+2訓練セット … 270,000円(税込)
 ※分割払いもございます(45,000円×3回または6回)

6) 支払方法
 銀行振込・クレジットカード (Visa/Master/Amex/JCB/Diners/Discover)
 ※クレジットカード払いは一括のみ。分割払いご希望の方は銀行振込をご利用ください。

7) 募集開始日
 2017年9月1日(金)

8) 募集締切日
 本訓練の募集は締め切らせていただきました。
 次回は、2018年2月期を予定しております。
 

9) 訓練内容
 下記【国際ボディーガード訓練プログラム】をご参照ください

 国際ボディーガード訓練プログラム
 http://bit.ly/1bor2Kl


※本訓練のお申込み手順や参加条件などの詳細は、下記
 【AISP/IBA国際ボディーガード教育訓練】案内ページをご参照ください

 AISP/IBA国際ボディーガード教育訓練
 http://bit.ly/1FHnkXj


※訓練を受講された方々の生の声をまとめて紹介!

 訓練受講者アンケート集計結果
 http://bit.ly/1PgziQ4


※訓練に関するよくあるご質問をまとめてあります!

 訓練FAQ(よくあるご質問)
 http://bit.ly/1QWff9m


10) お申し込み方法
 下記 【訓練お申込みフォーム】 よりお申し込みください。
 おって担当者からご連絡させていただきます。




■ 訓練お申込みフォーム 


【訓練参加お申込みフォーム】が利用できない場合は、下記
お問い合わせ先メールアドレスまで、メールにてご連絡くださいませ。


本訓練に関するお問い合わせはAISP日本事務局までメールでお願いします
training [AT] aisp.cc
(ATは@に置き換えてください)



【ご注意】
最近、携帯電話のメールアドレスを利用してお申し込み・お問い合わせいただいた方に、
こちらからの返信メールが届かないことが多くなっているようでございます。
携帯電話のメールアドレス(@docomo.ne.jp/@softbank.ne.jp/@i.softbank.jp/ezweb.ne.jp)を
ご利用の方は、ドメイン @aisp.cc からのメールが届くよう、受信設定をお願い致します。



本訓練を通して取得できる《IBA国際ボディーガード認定バッジ》


《CIBG国際ボディーガードライセンスバッジ》



訓練風景








【 AISPメールマガジン 】
訓練等のご案内はメールでも無料配信しております。ご登録は下記のメールマガジン登録ページでどうぞ。
[ AISPメールマガジン 登録・解除ページ ]

2017年7月1日土曜日

【2017年8月20日】 本訓練の募集を締め切らせていただきました
次回訓練は2018年に入ってからの開催となります


■ 第5回 FSCH海外実弾射撃訓練(2017年10月期) ■

AISP(国際セキュリティプロフェッショナル協会)(*1) 及びIBA(国際ボディーガード協会)(*2) では、
セキュリティ業務,ミリタリー業務,法執行業務などで活用できる、実践的な銃器・
射撃術の教育訓練を、海外の射場(射撃訓練場)と提携し、実銃・実弾にて実施して
おります。


☆ FSCH海外実弾射撃訓練の特徴 ☆

【実践的な銃器訓練】

《FSCH海外実弾射撃訓練》では、ハンドガン(拳銃)及びアサルトライフル(小銃)を
中心に、銃器取扱い(セーフティ)や基礎射撃,応用射撃など、3日間の訓練期間中、
朝から晩まで実銃や実弾に触れて徹底的に訓練を行います。
せっかく海外まで渡航して行う訓練ですので、参加される皆さまの技術が向上するよう、
3日間、ひたすら銃器の教育と射撃の訓練を行います。
本訓練は、サバイバルゲーム等、遊び(レジャー)のための訓練ではございません。
実弾と実銃を使った、実践的(実戦的)な銃器・射撃訓練となりますので予めご注意
ください。


【最高の訓練環境・安心して参加できる訓練】

実弾射撃訓練は、実施する国や地域の法律などで様々な規制があり、思い通りの訓練を
実施できないことが多々あります。
AISP及びIBAでは、世界中にあるネットワークを活用し、様々な国と地域で実弾射撃
訓練を実施し、最も充実した訓練が実施できる射場,最も格安で実施できる場所,
日本から渡航しやすい国,日本人が参加しやすい地域、などの様々な条件を満たした、
現在の提携射場を見つけ出しました。

また、日本人訓練生が苦労する、海外での「言葉」の問題につきましても、余計な不安を
取り除き、本来の射撃訓練に集中していただくため、日本語での指導を実施しています。
日本出発時から日本人の引率がございますので、初めての海外渡航や初めての射撃訓練,
外国語が全くできなくても、安心してご参加いただけます。


【安全管理の徹底・丁寧な訓練指導】

本訓練は、実弾射撃が初めての方,銃器に関する知識や経験が全くない方もご参加
いただけます(*3)
本訓練では、実銃と実弾を使用いたしますので、事故などが起きないよう、基礎から
しっかりと指導いたします。
必要な時は厳しく指導することもございますが、これは皆さまの安全を確保するため
のものです。
初めての方にはわかりやすく一から丁寧に、また、射撃経験のある方や、日頃から
業務等で銃器を取り扱っている方々には、より高度な技術を習得していただけるよう、
個人個人に合った内容と指導方法で訓練を進めて参ります。


【国際認定の取得】

本訓練修了者には、AISPの英国本部発行の《訓練修了証》が授与されます。
また、既にIBAの国際ボディーガードメンバーになられていらっしゃる方は、本訓練を
通してIBAの本部認定を取得することが可能です。(別途本部認定料が必要となります)


(*1) AISP: Association of International Security Professionals (国際セキュリティプロフェッショナル協会) 
英国に本部を置くプロテクティブ・セキュリティ(警備・警護)の国際組織。
(*2) IBA: International Bodygaurd Association (国際ボディーガード協会)
英国に本部を置く、世界最大の身辺警護・要人警護組織。
(*3) 本訓練は、訓練内容の特殊性などから、犯罪歴,精神科等通院歴,反社会組織等の所属歴のある方は
参加することができません。訓練参加にあたり、公的書類や履歴書等の提出があり、事前の審査がございます。


【第5回 FSCH海外実弾射撃訓練(2017年10月期) 概要】

訓練日程: 2017年10月6日(金)~8日(日) 3日間
渡航日程: 2017年10月5日(木)~9日(月/祝) 5日間
訓練場所 Angels-City, Pampanga, Philippines
参加定員: 8名(先着申込順)
参加費用: 375,000円
 ・訓練費,渡航費,宿泊費,朝食代,現地交通費,銃器レンタル,弾代を含みます。
 ・現地での昼食・夕食代は含まれておりません。
 ・お支払方法は銀行振込またはクレジットカード払い(VISA/Master/Amex)となります。
 ・海外訓練であるためお支払回数は「一括払い」のみとなります。
 ・海外訓練であるため消費税はかかりません。
 ・訓練費は航空券手配の関係上、8月20日までにお支払いいただく必要がございます。
募集締切: 本訓練の募集は締め切らせていただきました

使用銃器:M4(アサルトライフル),Glock17/1911(ハンドガン),ショットガン,MP5(SMG)
使用弾数:ライフル・ハンドガン各300発以上(経験者等は弾数を追加することが可能です)
訓練内容:下記参照

火器概論
 ・マインドセット(心構え)
 ・銃器、火薬、弾とは
 ・銃のタイプ(ライフル,ハンドガン,ショットガン,サブマシンガン等)
 ・各部名称(構造概論)
 ・セーフティールール
 ・エクイップメント ほか

ライフル
 ・ウェポンクリアリング
 ・ローディング
 ・スタンス,グリッピング,エイミング
 ・シューティングポジション(ニーリング,プローン)
 ・2タップ,3タップ
 ・マルファンクション
 ・リローディング
 ・スイッチ
 ・シューティングオンムーブ ほか

ハンドガン
 ・リロード
 ・マルファンクション
 ・シューティングポジション
 ・シューティングオンムーブ
 ・シングルハンド ほか

ドリル
 ・リアクションドリル
 ・バリケードドリル
 ・シュートorノーシュート
 ・カバーリング
 ・フォーメーション
 ・イバキュエーション
 ・マルチターゲット ほか

*上記訓練内容は、訓練生の理解度・修練度合いに合わせて変更となる場合がございます。
 予めご了承くださいませ。



【訓練お申し込み】
本訓練はインターネット上からお申し込みいただけます。
下記、AISP JAPANの【訓練お申し込みフォーム】からお申し込みください。
参加希望訓練名は《FSCH海外実弾射撃訓練》をお選びください。
※海外訓練であるため、訓練費のお支払回数は「一括払い」のみとなります。
※本訓練参加には、事前に書類及び身元調査等の審査がございます。
 身元がはっきりしない方,過去に禁固刑以上の犯罪歴のある方,反社会組織等への所属歴の
 ある方,その他本訓練参加に適さないと判断された方は参加することができません。



■ 訓練お申込みフォーム 


【訓練参加お申込みフォーム】が利用できない場合は、下記
お問い合わせ先メールアドレスまで、メールにてご連絡くださいませ。


本訓練に関するお問い合わせは
AISP日本事務局訓練係までメールでお願いします

training [AT] aisp.cc


(ATは@に置き換えてください)




過去の訓練風景















【 AISPメールマガジン 】
訓練等のご案内はメールでも無料配信しております。ご登録は下記のメールマガジン登録ページでどうぞ。
[ AISPメールマガジン 登録・解除ページ ]